天然のヒアルロン酸とは

保水能力の高いことで注目を集めているヒアルロン酸は、1934年にコロンビア大学のカール マイヤー博士によって、牛の目から発見されました。人間のカラダの中では皮膚や目や関節などに存在しています。

 
天然のヒアルロン酸は、鶏のとさかなど主に脊椎動物から抽出され、1グラムあたり6リットルの水を保持するといわれる非常に優れた保水性で、化粧品や健康食品、医薬品の原料として利用されています。赤ちゃんの肌がみずみずしいのは、その皮膚にヒアルロン酸がたっぷり含まれているからです。肌のハリや水分を保つ効果が高いので化粧水やクリームなどに使用されています。卵

 
しかし天然のヒアルロン酸は、脊椎動物だけにしか含まれていないのに加え、熱に弱いという特徴があるので、日常の食生活では天然ヒアルロン酸を摂取するのはたいへん難しいと言われています。そこで、乳酸菌や溶血性連鎖球菌を利用したバイオ製法により人工的に作られる「バイオヒアルロン酸」があります。バイオヒアルロン酸は価格が安く、大量生産が可能ですので化粧品などに使われることが多いようです。また、安全性も実証されているので安心して摂取できます。

 
加齢ともにその量がカラダの中で減少してくるので肌のハリがなくなったり、関節の動きが悪くなりして痛みを生じることがあります。関節に痛みがでて歩くのが辛い場合は、ヒアルロン酸のサプリメントを飲んだり、分子量90万の高分子ヒアルロン酸の関節内注射を行い炎症や傷みを抑える治療があります。

コメントは受け付けていません。